カンジダ

カンジダは女性なら誰でも持っている菌です。 膣内や口腔など、粘膜部分に存在する常在菌の一種です。 普段から女性の体にいるのですが、風邪を引いいているときや病中、病後、ストレスやホルモンバランスが崩れた時などに、膣内で増殖を始めます。 カンジダが疑われる症状 男性は亀頭や陰のうに赤い発疹が現れて、かゆみやひりひり感がでてきます。 また、亀頭が赤く炎症をおこなして、垢のような白いカスが出るのが特徴です。 女性の場合は、膣や外陰部に粘りのあるおりものや、白っぽいカスのような物が出てきます。 また、膣や外陰部がかゆくなります。 カンジダの感染経路 ...
もっと読む

クラミジア

クラミジアは数ある性感染症の中でも最も感染者の数が多いと言われているものです。 生死にかかわる病気ではありませんが、男性、女性とも放っておくと不妊に繋がる恐れがあります。 クラミジアが疑われる症状 排尿痛、尿道痛、膿、発熱、陰部痛などがあります。 多くの場合は尿道炎になり、排尿時に痛みを感じたり、尿道にかゆみを感じたりします。 また、クラミジアはのどに感染することもあります。 のどに感染したクラミジアは咽頭クラミジアと呼ばれます。 喉に感染した場合は、ノドの腫れや痛みを感じたり、リンパが腫れたり扁桃腺が腫れたりします。 クラミジアの感染経路 ク...
もっと読む

淋病

淋病は古くから存在する性病で、性別に関係なく誰でも感染します。 日本では1999年以降増加傾向にあり、若い世代で感染者が増えていると言われています。 また、淋病に感染するとHIVウィルスへの感染率も高まると言われているので、早期の発見と治療が大切になります。 淋病が疑われる症状 淋病に感染すると、排尿時に灼熱感を覚えたり、尿道から黄色い膿を持った分泌液が出て、鋭い痛みを感じることがあります。 潜伏期間は2〜7日です。 また、睾丸が腫れたり、痛みを感じたりする場合も淋病の疑いが強くなります。 そのまま治療をせずにほおっておくと、前立腺に炎症が起きて、排尿...
もっと読む